HOME > 院内のご案内

院内のご案内

診療設備

デジタルX線システム

胸部や腹部などのレントゲン撮影で得られる情報は多く、健康診断や検診目的に受けていただく機会が多い検査です。
当クリニックでは従来のようにフィルムに現像するのではなく、撮影後すぐに診察室のモニターでデジタル処理された画像を見て診断できるX線システムを設置しております。

経鼻内視鏡システム

写真:経鼻内視鏡システム本邦では以前より慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんの発生率が高く、特に胃がんは最新のがん統計でも男性のがん患者の1位、女性では乳がんに次ぎ2位、と多いのが現状です。これら胃の疾患にピロリ菌感染が深く関わっていることが分かってきましたが、日本では50歳以上の方の約80%、全人口のうち約6000万人がピロリ菌感染陽性であると推定されています。

内視鏡検査は管腔臓器の内面を覆う粘膜の変化を直接観察し、異常があれば組織を採取して病理検査(顕微鏡診断)を行うために重要な検査法です。ピロリ菌感染による胃炎の状態を早期に発見し適切な治療を行えば、将来胃がんの発生を予防することができます。

当クリニックでは富士フィルム製、直径5.9mmの「極細径スコープ」を用い、できるだけ苦痛の少ない経鼻内視鏡検査を行っています。また採用しているレーザー内視鏡システム(LESAREO 4450)により胃粘膜の微細な色調変化が強調して観察されるため、胃炎や早期胃がんなどの病変が見やすくなり発見しやすいという特徴があります。ピロリ菌が気になる方、胃の調子が悪くお悩みの方はぜひご相談下さい。
→富士フィルムのホームページへ

超音波診断装置

写真:超音波診断装置エコー検査と呼ばれ、体に最もやさしく、最も簡便に体内の異常を画像として捉える検査です。当クリニックでは、フルデジタル・高画質の最新型超音波診断装置にて、腹部、頸部(甲状腺・血管)、乳腺の精密検査を行います。

骨塩定量検査

現在、1000万人を超えると言われる骨粗鬆症の患者数は、高齢化が進むにつれますます増加することが予想されます。骨粗鬆症を早期発見し早期に治療を開始するため、当院では中手骨の単純X線画像をデジタル解析するDIP法で骨塩定量検査を行っています。X線撮影後10分程度で結果がすぐに判明しますので簡便な検査法です。

心電計(自動解析付)

電子カルテ/画像ファイリングシステム

写真:電子カルテと画像ファイリングシステムX線、内視鏡、エコー画像、心電図をすべてオンライン接続し、電子カルテと連携することで患者様の情報をコンピューターにて一元管理しております。

ページの先頭へ

康クリニック(大阪市阿倍野区) 〜内科(消化器)・外科・内視鏡検査〜

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町3丁目10番3号 グレースコートシーダーバレーII 1階
Tel:06-6622-6123 Fax:06-6622-5123 E-mail:info@kou-clinic.jp